祝!VR新作&セール記念 エマ様のVR作品を見るためのVRゴーグルガイド! ※11/27改訂

 2021年11月26日に 二葉エマ 様の記念すべきVR第4弾のリリースが決定しました。今回の「【VR】彼氏と間違えボクにSEXおねだりする泥●姉にボクのち○ぽガチガチ勃起! 姉弟のセックス相性は超抜群で朝までノンストップヤリまくりSEX!! 二葉エマ」ではなんと姉役! ブラコン気味なこの姉が泥酔して彼氏と弟を間違えて甘えてしまって・・・というこのVR。またまたエマ民を昇天させてしまう名作です。

 ちなみにここまでエマ様のVR作品は3作品リリースされていますが、どれも本当に楽しくて、エマ民にはマストアイテムです。管理人の作品紹介も参考にしてみてください。ちなみに2021年11月26日(金)10:00~2021年12月03日(金)10:00まで実施される【アイデアポケット30%OFF第4弾】の対象にVR2作目と3作目が対象になっています。ぜひこれを機会に楽しんでみてはいかがでしょう?

 第1弾「とってもSWEET 現役AV女優の【二葉エマ】本人と愛と癒しの同棲エッチVR 初VR!」 エマ様といちゃいちゃ恋人気分です。 ※下の画像をクリックするとFANZAにリンクしてます。

こっちのVR第2弾もいいですよ! こっちはエマ様と高校生カップル気分です。最初の導入のじらしが効果的。

 第3弾はこれ。久しぶりの妹キャラですが、なんとヤンデレキャラ?! 告知動画のエマ様、ちょっとコワい・・・でもその制服姿と、お兄ちゃんが大好きすぎての暴走ぶりは、やっぱりかわいすぎて・・・。ああ、もう好きにしてくれ!な気分になること間違いなしです。

 さて。これだけ見どころ満載なVRですが、やはりVRとなるとやはり敷居が高いらしく、エマ民でもまだ見ていないという方が意外に多いです。まあ、かくいう私もVRを導入したのはエマ様の作品を見るためだったわけで(汗)、それまでは全くVRには興味がありませんでした。そこで少しでも多くの方にエマ様のVRを楽しんでもらいたいので、初心者向けVR導入ガイドをまとめてみました。参考にしていただければと思います。
 ただし先にお断りをしておきますが、今回のこの記事はただ「エマ様のVR作品を楽しむ」ことだけに主眼を置きました。ゲーマーの方には全く役に立ちません!(汗)。さらできるだけシンプルに説明して、エマ様のVRを楽しんでいただきたいと思い、細かい部分はかなりざっくり説明したり、パスしたりしています。その点はご容赦を。

VR動画って何?

 そもそもVR動画は何が違うか? 簡単に言えば3つ。まず通常の動画と違い、視聴者の視点と画面が連動します。つまり上を向けば画面も上の方になるということで、エマ様の動画で言うならば、騎乗位の場面の時に、エマ様の顔の方を見ればエマ様の顔が、エマ様との結合部を見れば結合部がうつるというワケです(笑)。ただし撮影されていないものは見えるわけはなく、顔を動かすと画面の切れ端、なんていうこともあります。
 さらに映像が左右独立した物になっていて、人の視差を利用することで、裸眼でも立体的に見えるようになっています。そして音声もバイノーラル録音が採用されていることが多く(これは通常の動画でも使われていることがある)、ヘッドフォンを利用していると立体的に聞こえます。これらが組み合わさって没入感が増す、という仕組みです。つまり通常の動画より、目の前にエマ様がいるように感じられるし、エマ様の体のやわらかそうな感じとかが、通常の動画とは違います。特にVR作品でのエマ様からのキスシーンは、それだけでエマ民は昇天です!!(体験者は語る!(汗))

とにかくVRゴーグルが必要!

 VR映像を楽しむためにはVRゴーグルが必要です。VRゴーグルには主に3種類のタイプがあります。
モバイル型:スマホなどを取り付けて楽しむタイプ。価格も安く1000~4000円ぐらいですね。もちろんスマホ本体が必要。
スタンドアローン型:スマホやPCなどが不要で、本体だけで楽しめるタイプです。2万円から4万円前後。
据置型:PCやゲーム機本体などに接続するタイプです。ゴーグルだけで4万円前後。さらに本体が必要。


というわけでどれがいいのか、エマ様のVRをみるためにいろいろ試した管理人の体験記スタート!

私が最初に購入したのがこれでした。

ダイソー バーチャルリアリティVRゴーグル(型番未記載)

(感想)価格は550円(税込)。作りは安っぽいかなと思いましたが、ちゃんとVRになってる! 装着感も悪くないですし、レンズ位置の調整機能も最低限あります。ただスマホの画面としては6インチぐらいまでしか取り付けられないので、それより大きいサイズのスマホを使っている人は注意が必要です(私が使用したのはiPhone7)。あとスマホにケースを取り付けている方は、ケースの種類によってはそのままだとはめ込むのが面倒です。でもこの商品はコスパもいいしオススメです。ただし最近取扱店舗が少ないとの情報もありますので購入時に品切れの可能性もあるかも。

次に試したのがこれ。

ELECOM VRG-D02PBK


(感想)知人から借りることができました(感謝!) 周囲でVRユーザーだったと事前に知っていたのはその人ぐらいで、「すぐ飽きて使ってない」と言ってました(汗)。はっきり言って、ダイソーの物と全然違いを感じませんでした。そりゃそうです。動画の素材ファイルと実際に再生している画面(これもiPhone7で再生)が同一なので、画質の違いがあるとしたらレンズの違い、あとは装着感ぐらい。ここに値段の差は感じません。まあDMMで使えるクーポンと動画操作用のリモコンがあるところがポイントでしょうか。個人的にはリモコンはそれほど便利には感じませんでした。ちなみに参考購入価格は3010円(税込)。

 ここからは据え置き型。

PlayStation VR

 友人の実機を借りて試しました。場の提供感謝です! 余談だが、「お前、そんなの見てるの?」と最初は小馬鹿にした感じで私に言っていた友人が、エマ様のVRを見たら「マジいいな!」というリアクションに変わったので、きっと今頃はFANZA沼に沈んでいるかもと思うとチョット心が痛いぞ(汗)。でも所詮、男はFANZA沼に沈む運命だからいいか。まあ、エマ様をカワイイ!と言っていたのでどうせなら、友よ!エマ民になろうぜ!(笑)

(感想)まあ、確かに違う。ディスプレイは有機ELだし解像度も上。ただ解像度が違うのはディスプレイなので、元の動画ファイルが同じ状況では、それほど画質が違うとは思わなかったし、音に関しても同様。ここに3万円近くの差は全く感じない。あと意外なデメリットはセッティングの面倒くささ。

PS VRクイックスタートガイド 日本

 マイルームが電子の要塞となっている私ですら「こんなにつなぐの?」と思うぐらいの状況。そもそも本体とつないでいる時点でちょっとなあと思ってしまった。

 さて個人的には期待の一体型を試したかった。特にOculus Quest 2が気になる。そこでデモをさせてもらえるところを探したのだが、さすがにこのコロナ禍の中では店頭デモはほとんどやっていない。また私の周辺にユーザーが全くいなかった。これはデメリットなのかもしれない。ゲームはOculus Quest 2対応の専用の物しかないし、映像特化で考えても、4Kとかに目が慣れていると画質を良いとは感じにくいでしょうね。そうやって使用目的は何なのかという意味でいくと、私もあまり刺激されるものなのではなかったわけで。
 ただこのまま未体験で終わるのは申し訳ない。そこで前モデルのOculus Questの体験を参考までに記す。

 この機器は発売直後のデモを体験している。デモ用のVR映像だったのだが、確かにまあオモシロいかな、という感じだった。画質についてだが同じソースではないので比較はできない。ただこのヘッドセットが圧倒的に高画質という印象はない。あとでスペックをチェックしても、そんなものだろうなあと思った記憶がある。ただOculus Quest 2の装着感はよいらしいし、音声はヘッドセット内蔵スピーカーでも楽しめるようだ。

というわけで結論! まずはモバイル型で充分!

 ゲームをやりたい方とか、細かいこだわりがある方は別として、エマ様のVRを見ることが目的ならばモバイル型で充分で、こだわりがない方や安く済ませたい方はダイソーのものでまったく問題がないと思う。というかちゃんと購入して楽しまないと、ヤンデレエマ様に怒られそうなので(笑)、ダイソーに行くか、モバイル型を通販で購入して、エマ様のVRを楽しみましょう!

※2021年11月 追記

 さてVRを楽しむようになって、やはり画質などのクオリティが気になってきた。少しでもリアルにエマ様を感じたい!と願うのはエマ民なら当然のこと。ただ、だからといって予算をドーン!とつぎこむのもなあという不安。そこにOculus Quest 2? あるよ」という嬉しい知らせが。というわけで、それほど近しい関係ではなかった私などのために無理を聞いていただき、お言葉に甘えて使用させていただきました。

Oculus Quest 2

Oculus Quest2』の対応に関して | VARK

(感想)さすがにこれはここまでで一番画質の印象はよかった。液晶ですが、PSVRの有機ELより画質をよく感じられたのは、レンズの質の違いが大きいのかも知れない。ただぶっちゃけ、そこまでの圧倒的なアドバンテージは感じられず、40000円近くの価値はあるのかと言われると疑問符が付いた。バッテリー駆動で3時間までというカタログスペックも気になった(しかも、バッテリー交換とかは無理そうだし)。いずれスペック的には古くなってくるわけだが、そうそう何度も買い替えるわけにもいかない感じですしねぇ。うーん。やはりちょっと買うにはためらわれる。

「やっぱり手頃な予算でVR機器はムリか・・・」 そうやって逡巡しているうちに、ある考えが思い浮かんだ。単純にディスプレイの部分にあたるスマホをアップグレードすればよいのでは? 私のスマホは前述のとおりiPhone7。これは機種としてはかなり古いが、今の時点で買い換えを考えてはいない。だったら思い切ってVR再生のためにサブのスマホを買ってしまうのもアリでは? ああ、完全に悪魔の囁きが降りてきてしまいました(笑)。というわけでVR機器アップグレード計画発動!

まずはVRゴーグルを見直し。購入したのはこちら。

【DSLON VRゴーグル】VRヘッドマウントディスプレイ スマホ用 VRゴーグル VR7

 装着感が良さそうなので購入。基本的にはELECOMのものと同じ感じでした。Amazonでの購入価格は2900円。まずはこれで様子見。そして再生機器部分は未使用品が手頃な価格で売りに出されていたSHARPのA003SHを用意。Androidのスマホで画面サイズが6インチになった。うん、これならどうだ!

・やはり画面サイズが大きくなったことで視野が広がった分、没入感は上がった。
・ただ画質は劇的な向上という感じはない(当たり前だが)。

というわけで再び結論! まずはモバイル型で充分!

 現状ではここまでなのかなという感じです。ただ予算としては Oculus Quest 2 の半額以下でここまで来たという点では満足です。

 VRを楽しむという部分であらためて感じたことがあります。それはVRの楽しさの本質。2DのAV作品とは圧倒的な違いがあります。VRの中では、エマ様があのいつもの癒やしボイスで私たち見る側に語りかけてくれます。そして役柄に完全に入っているエマ様は、私たち見る側を本気でドギマギさせてくれます。恋人にも妹にも姉にもなってくれます。甘えてくるし、キスしようと顔が近づいてきます。えっ?エマ様に怒られたい? だったらVR作品の中のエマ様に会いに行って、「なんで彼女つくっちゃうの?」って叱られて、エマ様からのお仕置きを受けちゃいましょう。それが実現するんです。VRの再生中、エマ様はいつも以上に、自分のためだけのエマ様でいてくれる気持ちになります。もちろん虚構ではあるけれど、それがこの予算ぐらいで実現するんです。ちょっとしたオトナの楽しみ。楽しいです。

 VRのエマ様はハマること間違いなしです! ぜひみなさんもトライしてみてください!

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。