もうセックスなしでは生きていけない… 絶頂イキ209回 マ○コ痙攣2548回 鬼ピストン3011回 快感潮 測定不能 絶頂覚醒 二葉エマ

配信開始日:2021/05/07

(管理人より)エマ様の月イチリリース作としては記念すべき第10作目(VR作品を除く)。いわゆるドキュメントっぽい作品としては久しぶりで4作目の「【完絶】 ポルチオ開発!性器激震オーガズムFUCK」以来となりました。あの作品でもスゴいなあと思いましたが、本作はエマ様がここまでの撮影で経験されたことをいかしながら、さらに突き抜けた表現が満載の作品となっています。
 全体は4つのパートで構成されていて、スゴかったのは3Pの3番目と巨根の方との4番目。特に3番目のパートは凄まじく、潮吹き、絶叫、痙攣の嵐。なのですが、それが視聴者に不快感を与えないのがスゴイ。こういう作品は一歩間違えると人体実験のように感じてしまったり、ウソっぽいリアクションに興ざめをしたりしますが、エマ様の場合は、ここまで激しくしても、それでもなお快楽を求め楽しんでいるような感じがあるのがいいんですよね。またエマ様のボディの魅力もさらにアップしていて、ハリのある柔肌が紅潮して、じんわりと汗ばんでいく様子は、やはりそそられてしまいますし、言葉や体の反応の仕方だけでも、大コーフンさせられます。また男優さんがどれだけ激しくても虐めている感じがしないことも、さすがだなあ、と思いました。ですから今作は見終えた後、白熱した展開になったテニスや格闘技を観戦したような感覚になりました。より快楽を相手に与えたいという気持ちがこもっていた絡みだったからなのでしょう。エマ様と男優さんが「熱戦」を繰り広げていて、それを見届けられた充実感に近いですね。
 そのせいか、実は前半の2パートを見終えたところでグッタリしてしまい、休憩をはさんでからやっと最後まで見終えました(汗)。これは退屈したという意味とは正反対。この作品がエマ様や男優さんの息づかいまでが伝わってくるような表現になっていて、その熱気に引き込まれながら鑑賞していたからだといえます。抜きどころも満載、何度でも楽しめる力作です。

エマ様のみどころ解説!

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。