【夏のエマつり2023】3周年記念! 3年間の活動から管理人が独断と偏見で選ぶ、二葉エマ様10大ニュース

 さあ、この3年間を振り返りたいと思うのですが、まずはその充実した3年間の活動の中から、10大ニュースを選んでみたいと思います。

AVデビュー作品「新人 AVデビュー FIRST IMPRESSION 143 天使 Fカップ149cmミニマム少女 二葉エマ」がリリースされる

 やはりこれは外せませんね。2020年8月、コロナ禍真っ只中でAVデビューされたエマ様。春頃に撮影されたこのデビュー作品も、その影響でリリースが8月になってしまいました。この頃は黒髪もふもふヘアで、色白で小柄な感じが、とても印象的でした。根尾さんがエマ様と初めて会った時の印象を「小動物みたいだった」と形容されたのもわかる気がします。多分デビューの頃はあまり自分を出せていないところも多かったのかもしれませんね。ここから3年間、いっぱいの楽しい時間をエマ民に届けていただきました。

アイポケ専属として40作品に出演。あの朝霧浄監督作品にも登場!

 3年間、エマ様はアイデアポケット専属女優としてVRやベストも含めて40本の作品に出演されました。それぞれに魅力があり、エマ民にとってもお気に入りがあると思います。その中でも、2023年にリリースされた主演作が、あの「泣きじこり」の名匠、朝霧浄監督作品「私がAV女優になった理由(ワケ) 密かに好きだった親友の彼氏に好きなAV女優に似てると口説かれAVのようなアブノーマルプレイをヤリまくった3日間 二葉エマ」でした。エマ民はもちろん、エマ様ご自身も出演を熱望されていたそうですが、作品は監督・朝霧浄&主演・二葉エマでしか、そしてAVでしか成立しなかった強烈にみる人の感情をかきむしる127分の青春ドラマとなっていましたね。どれだけ体が結ばれていても心の結びつきがそこに重ならない切なさ。相手へ自分の気持ちが届かないもどかしさ。朝霧作品の基本モチーフであるこのあたりが、本作でも丁寧に描かれています。これからもエマ様の出演作品はとても楽しみです。

船プレ、地方イベントでも大人気!

 エマ様の初イベントは2020年8月の事務所イベント。その後、2020年11月に店舗イベントが開催されて、2023年6月までに26回の船プレが実施されています。

 その優しくて楽しい応対ぶりからも大人気になっています。また郡山(2021年8月)愛知(2022年7月)岡山(2022年12月、2023年8月もあるよん!)と、3回の地方イベントが実現しました。spoon配信があった頃、参加されていたエマ民の居住地は本当にさまざまな場所でしたし、また海外にも熱心なエマ民がいらっしゃいます。推し活をする前から私は趣味に関わることならパッと遠出できちゃう人でしたが、いつもとは違うエマ様の様子もいっぱい見られましたし、遠征は楽しかったですね。ただイベント参加は一日がかりになることが多くて観光とは無縁でした(笑)。エマ様もきっとあまりのんびりと過ごせることはなかったと思うので、今夏の岡山姫路2日間は少しでもゆっくりできるといいですね。

ピンク映画やVシネ、配信ドラマでも大活躍!

 2021年『下着博覧会』(R18版タイトル『ブラとパンティ 変態がいっぱい』)でピンク映画初出演を果たされたエマ様。このデビュー作で演じた美容師見習いのひとみちゃんは観客に強烈な印象を与えていました。またOP PICTURES+フェス2021での上映時舞台挨拶でも、まさに銀幕女優として輝いてらっしゃいました。そこから『ママと私 とろけモードで感じちゃう』『美乳女将と巨乳若妻 蕩けるお宿』の助演2作品もとても印象に残る演技を披露されていました。Vシネマでは、山内大輔監督の『真・透明変態人間2 魔性の香水に翻弄されるオンナたち』では主演として、これまた強烈な役柄を演じてらっしゃいます(ひまりちゃんが悪い男に制裁を加えまくるシリーズを希望!)そして、2023年には配信ドラマ「ギルガメッシュFIGHT」にも数カットながら登場されました。表現者としてこれからもまだまだ活躍のフィールドを拡げて行かれるのが楽しみです。

写真集発売!

 ここまでに2冊の書籍写真集と3冊のデジタル写真集(いわゆるグラビアサイトのものは除く)を出版されたエマ様。エマ様はとてもフォトジェニックで、そのどれもがとても魅力的でした。初写真集「らぶぱら」、作り込まれた世界観が魅力の「#Escape」、2冊目の写真集「Best a little sister」、しかし一番私が好きなのは密会シリーズ2冊になります。

 ここで見せてくれるエマ様の表情や仕草が、私たちエマ民が想像しているエマ様の素の姿を想起させて、プライベート感が満載なんですよね。みなさんのお気に入りの写真集、そしてお気に入りの写真を、何かの機会にわいわい語り合いたいところです。

作品同時再生配信が大人気名物企画に!

 2021年末から始まったエマ様自らが出演された作品を再生&解説して、それをエマ民と一緒に楽しもうという配信イベント。多分エマ様のが元祖(?)他の女優さんもマネされたという名物企画になりました。エマ様の声がけで再生スタート!になるという実にアナログな方法で実施されています(汗)。毎回配信の進行は、エマ様が所属されるライフプロモーションのスタッフさん(主に会長さんが担当されることが多い)が務めていらっしゃって、撮影の裏話はもちろんのこと、それにまつわるエマ様のプライベートのこととかのお話も出てきます。時には話が脱線しまくり、視聴者も巻き込んでのネタ合戦のようになってしまうこともしばしば(笑)。月イチで実施されて29回開催されたところで現在休止となっていますが、またいつか実施していただきたいですね。

バラエティもおまかせ! YouTube動画から地上波「ゴッドタン」まで!


そう、あれは、ある罰ゲームから始まりました。

低周波治療器、なんと切ない響きを持った機械でしょう(笑)。でもエマ様も最初からそんな感じではなかったのです。その一生懸命な様子、降臨してくる笑神様、共演者の良さを引き出すことができるお人柄、そして何よりそのオンリーワンな個性が、ライフプロモーションにおけるYouTube動画のエースの座を確実なモノとしたのです。そしてこの動画が大バズリ。

あおぎり高校っぽい展開が大ウケ。AV女優あるあるは人気シリーズになります。エマ様の動画って見ていていやな気持ちにならないんですよね。それはやっぱり失敗を笑う感じじゃないし、エマ様のサービス精神がほっこりさせちゃうからだと思います。そして数多くの動画出演を重ねて、2023年6月にテレビ東京でオンエアされたゴッドタンの「イチャマングランプリ」への出演へとつながりました。これからも楽しい動画に登場されることを願っています。

いぶチー、輝く!

 エマ様初の音楽のお仕事は、2021年の楽演祭Vol.14でした。

 後に「いぶチー(いぶりがっこクリームチーズ)」と命名された根尾あかりさんとのユニットで、ここまでに3回の音楽イベントに登場。毎回根尾さんがデザイン・製作をされた衣装で、舞台狭しとエネルギッシュなパフォーマンスを披露されました。管理人も人生で初めてペンライトというものを振りました。今年も年末にLIFE FESが開催されるといいですね。

初舞台

 カジさんとの配信「カジエマパラダイス」の中で語られていた、エマ様の「舞台にチャレンジしてみたい」という想い。それが現実のものとなったのが2023年7月に上演された「シロツメクサ」でした。脚本はやまもとまさみさんが担当されて、演出はカジさんと坊屋たいとさん。4名のセクシー女優さん(加藤あやのさん、架乃ゆらさん、中山ふみかさん、本庄鈴さん)と共演された全7回公演の舞台は連日満員の盛況ぶりでした。エマ様は終盤に観客を驚愕させる役柄で鮮烈な印象を残し、また毎回カーテンコールでセンターという初出演で実質座長という大役を見事に果たされました。一度とは言わず、ぜひまたの機会を楽しみにしています。

おわりに

 原稿書いてて泣けてきちゃいました(汗)。やっぱりエマ様はスゴイですね。

デビューして3年、現在Twitterフォロワーは56000人、Instagramフォロワーにいたっては10万人を超えて、エマ様もすっかり人気セクシー女優さんとしての地位を確立されています。ここにあげたものの他に、SpoonやStand.fmなどの配信も充実してましたし、私服撮影会やプールでの合同撮影会イベントも楽しかったです。エマ様の活躍はとどまることを知りません。

 ここまで幅広く活動できるスゴさには、さまざまな要因があると思います。もちろん事務所のバックアップも大きいと思いますが、でもやはり一番はエマ様ご本人の一生懸命なガンバリの結果だからではないでしょうか。ご本人は謙遜されると思いますが、エマ様って女子力の塊と称される根尾さんとはまた違う意味で、本当に才能豊かですし、それ以上にやっぱり努力家なのだと思います。

 自分はこんなすごい方のファンになれて幸せです。いっぱい見たことのない景色を見せてもらいました。4年目のエマ様はどんな活動をされるのでしょうか。楽しみにしながら、また応援していきたいと思います。