舞台「シロツメクサ」公演期間レポート!

 二葉エマの初舞台出演作品「シロツメクサ」を見てきました。私は7公演中5公演。初日のS席が買えなかったので日替わりブロマイドを入手できなかったのが残念です(泣)。なお全通も考えたのですが、自分なりのポリシーもあって、あえて2公演は行きませんでした。というわけで日記形式でレポートします。

初日 7月14日(金)19:00~

いよいよ舞台「シロツメクサ」の初日です! 場所はステージカフェ下北沢亭。初めて訪れる場所です。

 炎天下の中、女優さん推しのみなさん大集結。エマ民もいっぱいでした。入り口にフライヤーがあるかな?と期待していましたがなかったのは残念。公演看板とかも一切なかったのは何か理由が合ったのかも知れません。
 なお1階には、とてもおいしそうなお店がありましたが、結局一度も利用しませんでした。また向かいにはクラフトビールとシードルの専門店があったのですが、こちらにも足を運ばず。また今度ですね。あっ、ThePizza下北沢店には行きました! おいしかったです(←何の話だ?)

ステージ自体はこんな感じ。シンプルな舞台装置が小劇場演劇って感じでよかったです。

 架乃さんとエマ様が「【架乃ゆらのLOVE昭和 放送開始4周年記念】架乃ゆらの昭和歌謡ラジオ(秋葉原 Pigoo スタジオ)」でビックリするぐらい(舞台と)最前列が近いとおっしゃってたのは大げさでなかったので私もビックリ。

 会場内では演出を担当されているカジさんも精力的に動き回られていました。本当にありがとうございました! なおこれは別にカジさんがふざけているわけではありません(汗)。お客様へのサービスショット。ついでに物販ではカジさんのブロマイドも飛ぶように売れていました!(←ホント)

おっと応援札を発見! 管理人も出して送らせていただきました!

開演前には物販開始。ブロマイド2種、台本、ソロチェキを購入しました。大満足!

 まだ初日なので慣らし運転のところはあったと思います。女優さん同士の呼吸がもっとあってくると、舞台としての楽しさはさらに磨かれると思いました。それにしてもエマ様、スゴすぎでした。だって実質主演と言ってもよいほどの登場時間。最後のカーテンコールではエマ様がセンターでした。んっ、座長?? ひょっとしてローテーション制? いやー、本当に嬉しいビックリでした!
 なおこの日は会場に栄川乃亜取締役や、青空ひかりさん、時田亜美さんもいらっしゃったようです。 

2日目 7月15日(土)19:00~

 2回目の観劇となった今回、私は物語を追うというよりは、演者のディテールに目がいっていたと思います。前日購入した台本を読ませていただいてから、あらためてステージをみると、そこに脚本、演出、俳優がどんなねらいをもっているかが浮かび上がってきました。本当にみなさん素晴らしい! エマ様もかなりいろいろと工夫されていることにも気がつきました。ただ個人的には初日のインパクトが強すぎたかな。明日はそのあたりの意図を解釈するためにも、演者の感情の流れを感じ取りたいと思いました。そして生モノならではの化学反応を楽しみたいです。なお最後のカーテンコールはまたまたエマ様。いよっ! 座長!ですね。

3日目 7月16日(日)19:00~

 本日3回目の観劇となった「シロツメクサ」。ただ私も同じ舞台を3日間通ってみるという経験は初めて(さすがに映画でも滅多にないです・・・って、ないわけじゃないか(笑)なので、さすがに疲れも出てきました(汗)。でも当然演者さんやスタッフさんの方が大変だと思うので、観客の私もちゃんとついて行かなくてはと思います。中身ですが、初日と比較してもテンポがよくなって、演者同士の掛け合いは、もはや別物な感じです。これも舞台が生ものの証拠。アドリブも効果的ですし、客席との反応と相まって、実に心地よいです。個人的には私がみた5公演では、この日の公演が一番よかったと思います。なお今日のお昼に竹内有紀さんが、夜公演には山岸あや花さんが観劇されていたそうです。

 なお本日よりツーショットチェキをネタにはしって撮影したので、劇の内容をご存じの方、ご笑納ください(汗)。おっと後ろに肉じゃがも写ってた!

4日目 7月17日(月・祝)12:00~ 17:00~

 この日は昼夜の2公演をみます。前日の昼間はあまりの暑さに体調を崩された方がいらっしゃったということで戦々恐々でしたが、楽しく観劇できました。昼夜公演の間の休憩時には遠征されてきたエマ民さんやかのらーさんとも合流して、推しトークに花を咲かせました。
 夜公演もあっという間! アドリブがてんこ盛りで楽しかった。そしてカーテンコール。エマ様は突然締めの言葉となったことで緊張されてました。最後までやり遂げなきゃってすごく気を張ってらっしゃって、でもちょっと照れくさそうで。そういうところもエマ様っぽかったです。
 他の演者さんともツーショットチェキを撮るか、ギリギリまで迷ったのですが、来月のエマつりの状態を考えると、そうそう贅沢もできません。でもやはりこの方を!と思って、加藤さんと撮影させていただきました。この公演でのMVPは間違いなく加藤さんだと思いますし、そのことも含めて感謝の気持ちをお伝えしたかったのです。最終公演でのハプニングも観客にとってはステキな思い出になっています! なお余談ですが、この日帰ってから加藤さん出演の大人作品のサンプル動画をみてしまいました。パーマさんとのあまりのギャップに必要以上にドキドキしたことをご報告させていただきます(笑)。

 そして。ツーショット撮影もそろそろ終わりというタイミングで、ライフプロモーションのニシオ社長とマネージャーのミヤウヂさんが舞台袖から花束をもって登場。するとエマ様の表情がみるみるうちに・・・。

我々エマ民も大号泣でした・・・

 本当に座長さん、準備から千秋楽までご苦労様でした! とっても立派に最後まで役割を果たされましたね! さすがに小劇場では迷惑すぎてできないので(汗)、今、あらためてスタンディングオベーションです。ステキな女優さんのファンでよかったです。ありがとうございました!