『下着博覧会』アイテムアーカイブ

 間もなく『下着博覧会』のR18版、『ブラとパンティ 変態がいっぱい』の上映が終了しようとしています。この後も、大阪と大森で上映が決まっていますし、いずれパッケージ化や配信なども始まると思いますが、やはり映画は映画館で!が基本だと思います。そんな上映時の楽しみの1つが関連グッズを集めること。映画好きな管理人、実はチラシとパンフレットもコレクションしていまして、今回の上映でも、さまざまなアイテムが集まって、エマ民としても映画好きとしても、とても嬉しかったです。というわけで『下着博覧会』アイテムをご紹介していきましょう。

 まずは OP PICTURES+フェス2021 上映時の『下着博覧会』のものから。

OP PICTURES+フェス2021 チラシ

右と左の違いに気がつかれましたか? 劇場名が違うのがミソ。東京・新宿会場のものと大阪会場のものです。あとは中身は基本的に同じです。

OP PICTURES+フェス2021 公式プログラム

各作品の解説が書いてあります。巻末には『下着博覧会』のシーンがフィーチャーされていて、エマ民にはありがたいデザインです。なお新宿会場では舞台挨拶をされた関係者の方のサイン入りの物が販売されました。私もエマ様のサイン入りをゲットいたしました。

OP PICTURES+フェス2021 前売りチケット

ネット販売で利用できないので、結局使いませんでした。ここは改善できるとよいですよね(ムビチケなら可能なのですが、導入はなかなか難しいようです)。

続いて『ブラとパンティ 変態がいっぱい』関連。

上野オークラさん 月間プログラム

表紙に写っているエマ様の写真は本編にはないですが(笑)悩ましい笑顔で嬉しいです。内側には、上映作品についての解説がされています。

ステッカー

エマ様の斜め下には、犬になったカリスマが写っているのがツボです(笑)。小さめですが、やはり記念に購入したいですね。上野オークラさんでは過去の上映作も取り扱っているので、上映終了後でも在庫があれば購入できると思います。※デザインの一部です 

OP PICTURES カレンダー2022

2021年の上映作品をフィーチャーしたスタンド型のカレンダー。これで500円は安いですね。12月の画像が『ブラとパンティ 変態がいっぱい』のポスターと同じデザインになっていました。 こちらも上野オークラさんで絶賛販売中!  ※デザインの一部です

こちらは同じく今月上映をしている横浜光音座Ⅱの月間プログラム。印象的な場面のスチルが使われていてステキですね。

おすすめ記事

2件のコメント

  1. 私はエマ民になってまだ一週間ほどです。皆様に負けない様に、二葉エマさんを応援していきます❤️

  2. コメントありがとうございます。最近またエマ民の方が増えてきて嬉しい限りです。これからもよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。